テニスで使えるテーピング「サーブ時に肩が痛い」  【キネシオロジーテープ貼り方講座】by 部位別 / スポーツ別/シーン別で使える キネシオロジーテープ貼り方講座   5 years ago

21,032 views

51   3

映像内で使用しているテープについて
https://www.towatech.net/products/show/35549?youtube&kine_detail=138&kine_cate=131
商品名:カラーキネシオロジーテープ KINESYS
価格:¥1,800 +税 (同色 6巻入り)
幅:5cm 長さ:5m

■商品の特徴
・様々なスポーツシーンに対応できる16色展開
・スポーツシーンに合わせて粘着力強化
・光沢感のある化学繊維を採用

■指導・出演
笠井 康平
鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師。NSCAストレングス&コンディショニングスペシャリスト。
AIGジャパンオープンテニス、全日本テニス選手権、諸大会に帯同。
スポーツ現場やアーティストなどのトレーナー歴多数。高校内にも各部が利用できるトレーナーズルームを併設。
トレーナーズルーム治療院 院長。


今回は、「サーブ時に肩が痛い」方に対するテーピングをご紹介します。

痛みの原因:肩が前方に入っている(内旋傾向)
サポートする部位:肩の後ろ側の筋肉
使用テープ本数:5cm幅のテープ3本


テープを貼った後は、テープの表面をよくこすって粘着面を肌になじませてください。

テープを貼る前にローションやクリームを塗っている場合、汗をかいて肌が濡れている場合は、よくふき取ってから貼ってください。

また、競技後は筋肉にくせがつくのを防ぐため、すぐにテープをはがしてください。肌かぶれ防止になります。

Comments